読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成の坂本龍馬を目指して

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

ピンチのときにいかに慌てず、打つべき一手が打てるか?がすべてを決める

うまくいってる時。

そういうときに心の余裕があるのは当然です。

大事なのは、上手くいってない、このままではやばいというとき。

そういうときにこそ、自分自身の器がさらけ出されます。

上手くいってないときに、明確に理由を突き止め、そこに対して、大胆な一手を打つ。

これは上手くいってないときほど難しいものです。なぜなら後がないし、上手くいってない中で上手くいくことを信じるためには、ネアカである必要があるからです。

ここでミスったら、終わるんじゃないか?という気持ちに打ち勝ち、いかに次の一手を打てるかが明暗を大きく分けると思います。

自戒を込めて。

下手な経営戦略の本よりも島田紳助さんの考えを聞いたほうがいい

www.youtube.com

 

すごく良いことを言っていると思います。

自分の強みは何か?自分たちの強みはなにか?世の中は何を求めているのか?を考えられてなければ、うまくいくわけがないし、何をどう頑張ればいいか?も見えてこない。

そしてそれを考え尽くしたうえで、徹底的に実践できてるか?が大事だと思います。

島田紳助さんは、芸人というより、経営者に他ならないと思います。考えて結果を出すタイプの人。天性の天才は直感の人。僕は凡人です。考えることを怠らないでいたいと思います、自戒を込めて。

誰かに喜んでもらいたいが全ての基本

相手に喜んでもらいたい。

だから学ぶ。

だから挑戦する。

だから提案する。

だから工夫する。

だから継続する。

すべての基本にあるのは、この気持ち、誰かに喜んでもらいたいにいきつくものだと思います。

これさえあれば、常に改善したり、工夫したりする気持ちを強く持てるし、それを止めずにいられます。

自戒を込めて。この根本にある気持ちをいつまでも忘れずにいたいと思います。

自分で決めなくなる未来に思うこと

AIがこんな未来があなたの素質を考えるといいですよーと教えてくれる未来。

あなたの遺伝子から考えると、こんな病気になる確率が高い。こんな人と結婚するとうまくいく。こんな仕事をするとより生産的になれる。

こういう未来が本当にくるようになると思います。

そうなったときに、人の意思決定はどうなっていくのだろう?なんでも自分で決めなくなるのかな?などと思います。

多くの変数からなる現象を説明するとき、それを説明することは人間から見たときになぜそうなのか?を説明できないということはこれから増えていくと思います。

AIから提示された選択肢だから、自分にはこれが間違いないという選択肢を受け入れる社会になっていくのか?関心のあるところです。

個人的には、自分の感性や感覚に近いと感じられたらその推薦されたものも参考にするかもなと思います。

どんなにあなたにはこれが合っていると推薦されたとしても自分の直感や感性から遠いものは受け入れないと思います。

なぜなら、その選択肢がたとえ確率論からすると間違えだったとしても、後悔しないからです。

自分の感性で決めたものは、選んだという自覚があるので後悔することがありません。失敗したとしてもです。

これが下手にAIのせいだ!と言えてしまうのだとしたら、僕はきっとその選択肢を選んでしまったことに後悔します。

しかし、おそらく自分の感性に近いものをコンピュータでも選び取れるようになっていくことは間違いなくそうなるとも同時に思っています。

人の思考回路や意思決定のプロセスを、コンピュータが今より高い精度で実現できるようになるはずです。

アランケイの、未来を予測する最善の方法はそれを発明することだと述べた言葉が頭をよぎります。

勝てるチームと負けるチームでは当たり前の基準がそもそも違っている

このくらいやってればいいでしょ。

自分は任せられたことはやってる。

当たり前の基準が勝てるチームと負けるチームでは大きく違っています。

こう思うのは、僕がバスケットボールや囲碁の団体戦、学生時代に勝ち負けがあるチームスポーツをやっていた影響が大きいです。

バスケットボールであれば、どこまで終盤に走り込めるか?が大きく勝負を分けます。

このシュートを落としてもしょうがない。ここは点を入れられてもしょうがない。

そんなことを思っているチームが勝てるわけがない。

もっとよくできないか?もっと改善できないか?もっと強くなれないか?チームにおいて、自分の果たせる役割はなにか?

強いチームというのは、常に根底にその意識が当たり前にあります。その意識の差が練習の質の差、試合での結果の差につながっていきます。

強いチーム、勝てるチームの当たり前は周囲の人からみると、それは当たり前ではありません。非常に高い基準に見えます。しかし、彼らは高い基準だとは微塵も思っていません。

逆もしかりで、負けるチームの当たり前は負けるチームからみれば当たり前です。でも強いチームからみた当たり前には遠く及ばない。基準が低い。

その当たり前の基準の違いをきちんとわかっているか?は、自分なりの頑張ったになってしまっていないか?をきちんと客観的に意識出来ているか?につながります。

当たり前の基準を常に高く持ち、勝てるチームでありたいと思います。

強い自戒を込めて。

素直で当事者意識を常に持てたら勝手に学び、実行できるのではないか?

当事者意識がない。自分のせいじゃないとか、関係ないとか、こういう理由があるからできなかったと説明することばかり考えている。

素直じゃない。教えを全く参考にしない。自分の中でいったんとり込んでみて、すぐにやらない。でも、なんちゃらしかいわない。

だいたいこの二つが敵だと思います。この二つさえできてれば物事は好転すると思います。

強い自戒を込めて。素直で、当事者意識を持てる人でありたいと思います。

イラッとしてしまったときは冷静になるために時間をおいてみる

僕は本当にちっぽけな人間で、イラッとしてしまうことがあります。

そうなったとき、最近少しずつ変えてみていることがあって、いったん時間を置かせてみるようにしています。

伝えるべきを伝えることは絶対に疎かにしたくないと思うのですが、その瞬間は感情的になってしまっていて、冷静になれていないことがあります。

そんなときは時間を少し置いてみて、冷静になるようにしてみています。

あまりに感情的になっていると、きちんとした判断ができなくなる、後々後悔することになる判断をしてしまうと思うからです。

うまくそのバランスをもっととれるようになりたいと思います。また言い方ひとつで大きく相手への印象や捉えられ方は変わるものです。それは自分自身相手の言い方ひとつで大きく受ける印象が変わるので、強く感じます。

それを常に意識した上での言動であれたらなと思います。そして大前提として、自分は1人では何もできない。相手への感謝の気持ちを常に忘れないでいたいと思います。

強い自戒を込めて。