すべての人にリモートワークを

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

どんな時間軸で考えるのか?またどの時間軸まで考えたことを誰に伝えるのか?を考えて話すべき

中長期的にやりたいことと、今この瞬間集中しないといけないことを切り分けて相手に伝える術をもっと身につけていきたいと反省したので、記事に書いてみようと思います。 中長期(具体的には、半年以上先にやるべきこと)を実際に決定する部分は、かなり軌道…

過去に学び、他者に学び、研究すること。そして必ず計測できるようにして、実行、改善すること。

何をしなきゃいけないのか?最近ようやく自分の中に腹落ちするものが芽生えてきました。 セールス、開発、デザイン、カスタマーサクセス、グロースハック、財務。 会社の中には様々な役割、機能があります。 しかしどの分野でも変わらないものがあると思いま…

会議を減らす努力と会議に参加するにあたって意識するべきこと

自分の悪い癖で、もっとこうしたらよくできる!と過度に考えすぎて、実行をおろそかにさせてしまうところがあります。 そこで自分を反省し、どうしたらいいのか?を考えてみました。 自分がもっともいい解決方法だと思ったのは、自分が強制的に相手に対して…

大きく業務のやり方を変える時の移行のコツ

大きく業務のやり方を変えるという時、大きな痛みが伴うことになります。また関わる人数が増えれば増えるほど、きちんとマニュアルを書いておかなければ、オペレーションの変更が全員に伝わらないという状況が起きるようになります。 個人的な経験の範囲での…

セールスとは課題解決に他ならない

セールスというとどんな印象を皆さんは持つでしょうか? 売り込みって大変。 いい商品がないとどうしようもない。 人と話すの苦手。 と思う方もいらっしゃるかもしれません。 ただセールスとは?と一言で言うと、お客様の課題解決をする行為だと私は思ってい…

人から笑われたり、それは考え直した方がいいと言われたことをやってなかったとしたらそれは全く挑戦していないに等しい

そんなの無理と否定することの方がやれるようにすることを考えるより、何倍も楽です。 それは無理と思ったり、そんなのうまくいかないよとその実行する人が思った瞬間に物事は絶対にうまくいきません。そこには飛躍の可能性があるのにです。 そういうとき求…

インターネット界のSONYをつくること。それが僕の夢

コンピュータ界のSONY。 それはAppleです。 僕はインターネット界のSONYを創りたいと夢見ています。その夢をコデアルという会社に託しています。 「これまでなかった最高の製品で、最高の体験を。」 僕たちはインターネットの製品、サービスを通じて、それを…

検証期間を決めたのであれば、そこはブレずに検証に全力を注ぐことも大切

自分に向けた自戒を特に込めたエントリーです。 僕の場合、すごくせっかちで、きちんと今やると決めたことを回している最中なのに、やりきる前にその結果を求めてしまいがちなところがあると思っています。 せっかちなのはそれはそれでいいこともあると思っ…

毎日のミーティングをどのように進行するか?

個人的には、ミーティングは実行ではないので、できるだけ短い時間で、回数を減らせたらと思いが強いです。ただどういう動き方をチームでしていくのか?を確認する重要な機会だと思っています。 なので、自分なりにどのような手順でミーティングを進めると、…

準備なしでミーティングに参加するのはやってはいけない

自分の出したアウトプットを事前にミーティング前に見てもらわないで、いきなりミーティングで話を進めることは、非常に非効率だと思います。 参加者がミーティング前に情報に目を通すこともできないため、適切なフィードバックをすることもできません。そし…

なぜ失敗したのか?を突き詰められていなければその失敗はただの失敗で終わる

失敗は誰もがすることだと思います。 僕は悲しいのですが、失敗ばかりです。毎日失敗しています。一時間に一回くらいのペースでやってみて、失敗するというのを繰り返しているくらいの感覚があります。 ただし必ず失敗だらけのダメダメな自分に言い聞かせて…

常に今のやり方を疑う

何気なく目の前の業務をこなしていると、自分の業務の周辺にある業務がどのように機能しているのか?を見えなくなります。 その場合、確かに自分だけの範囲で業務は完結するので、コミュニーケーションの量も減り、楽なのですが、それだけ続けていると、だん…

あなたの役割はなんですか?

人は得意な役割を与えられてこそ輝くものだと思います。 どういったことを期待されているのか?を理解し、結果を出すことができる。あなたの得意が他のメンバーの支えになる。 これほど自分の居場所を感じられることはありません。 自分の役割を常に意識する…

経営のために製品開発しているんじゃなくて、製品開発するために経営していることを改めて再認識できた

なんのために経営しているのか? 迷いが生じたときに、いつも自分に投げかける質問です。 答えはシンプルに、これまでなかった最高の製品で、最高の体験を届けるためです。 経営のために、製品をやるわけじゃない。製品のために、体験のために経営をやるんだ…

問題を定義する力と問題を解く力

問題を発見する力と問題は特定されていて、その問題を迅速かつ正確に解いていく力。 これらは似ているようで実は全く違います。 問題発見力は、言ってみればWhyの力だと思います。なぜ?なぜ?なぜ?の世界です。 しかし、問題解決力は、どちらかというと実…

メンターは作るものではなくて、勝手にできているものだと思う。そして自分以外の全員がメンター

目指すべきものがある。 だから前に進んでいかなければならない。 そのために必然的にメンターが現れてくる。 という順序の方が自然だと思います。 こうありたい、こうしたいというものがなく、何も実行してないのにメンターが出てくることはないと思います…

議論する時間を事前に決めておくことの価値

迅速に常に改善し続ける。 これ自体は素晴らしいことです。 しかし、自分自身が深く反省したことがあります。 改善について、議論する時間をきちんと決めておき、ある一定期間は同時に幾つかの改善策を実行し、その結果を見て、また議論するという姿勢を大事…

僕がざっくりとしたアイデアであってもそれを口にする理由

無謀なアイデアやまとまりきってないアイデアを話す価値は大きいと僕は考えています。 それによって、アイデアを自分も言おうという力が、アイデアをぶつけられている人にも働くからです。 それよりはもっとこうしたらいいんじゃない?というアイデアが必ず…

ユーザーに届けたい体験のデザインは製品そのものだけではできない

製品そのものをよくする視点だけだと、本当に届けたい体験をデザインすることはできません。 お客様にどんなサポートをするのか?どんな営業の仕方をするのか? そういったところまで含めての体験を考える必要があります。 強い自戒を込めて。もっと製品その…

仕事は自分で創り出すもの

仕事は自分から創り出すものだという感覚が最近強くなりました。 常に機会を自ら求めていけば、それこそ際限のない範囲に仕事は広がっていきます。 だからこそ自分から仕事を創り出すと同時に、その仕事は本当にやる必要があるのか?を常に意識しておかねば…

成長できる環境より成長させたい環境を選ぶと結果的に成長してる話

成長できる環境を選ぶ。 これには少し違和感を覚えます。 むしろ成長させたい環境を選んだ結果、成長している気がします。 そして成長は手段です。ユーザーに喜んでもらいたい。だから成長せざるを得ないという類のものだと思います。 関心は自分ではなくて…

やりがいのある仕事ってなんだろう?

自分がやりたい仕事って実はそこまでやりがいってないなと思います。 そうじゃなくて、他の人のためになる、意義のある仕事こそやりがいのある仕事になるのではないでしょうか? こだわるべきにこだわる。思考をやめない。改善をやめない。そこに真摯な思い…

小さな検証を続け、大胆な決断を

大きな決断をする前の小さな検証の数々、シュミレーションの数々。 最後はこれで行く!という決めの問題なので、勇気を持って決める必要があります。 しかし、その勇気を持つには、どれだけその決断をするにあたり、小さな検証、シュミレーションをやり尽く…

せわしいときほどフォーカスするものを絶えず意識する

時間がなくなってくると、一番追いかけないといけないものはなにか?を簡単に見失ってしまいます。 むしろ時間がなくなっていて、フォーカスすべきものにフォーカスできなくなっていたとしたら、やらないことを決める必要があります。 せわしいときほどフォ…

チャンスの神様は前髪しかない。思いきりの良さも大切

いつまでも自分に提示されているチャンスがあるわけではないことを理解していなければいけないと思います。 タイミングを逃すと、そのチャンスはなくなります。 チャンスのタイミングを見極め違えると、大きな痛手を受けることになります。 ここだ!というと…

何でもできるは何にもできないになりかねない

自分の顔と名前を覚えてもらう時に、なにができる人として覚えられたいのか?を意識する必要があります。 なんでもやれます!と創業期僕もよく言っていた記憶があるのですが、それだとなかなか人に名前も顔も覚えてもらえません。 なぜでしょうか? それは何…

何もしなければ確かに失敗しない。でも新しい学びもない

何もしないと楽です。 なぜなら失敗しません。実現のために、色々と悩むこともありません。 なにかをやるとなると、考えることがたくさん出てきます。どうやってやるのか?いつまでにやるのか?誰とやるのか? などなど。あげるときりがないくらいです。 こ…

PRと製品開発は密接な関係にある

その製品の良いところはなんですか? という質問にズバッと投げ込めるような言葉がない製品は売れません。 むしろ製品開発の時点で、PRを意識して、誰にとって、何がいいのか?を一言で表現できている状態が必要だと思います。 例えば、コデアルという製品で…

1人に複数のKPIを任せると大抵うまくいかなくなる

自分もそうなのですが、1つに絞って、そのために行動すると決めておかないと結局どれも中途半端ということになり、思ったように数字も伸びてこないということが起きると思っています。 複数やってとなったとしても、どちらを頑張るの?と必ず迷いが生じるか…

きちんと営業することの大切さ

ある程度製品も形になり、リピートしてもらえるようになってきた。 そんなとき次に大事なのは、しっかりとその製品を売ることです。 きっちり売る。そこをやりきれなければ、会社はなくなります。形にしたものをいかに売っていくか? 営業活動は大事な仕事だ…