平成の坂本龍馬を目指して

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

直感はいつも答えを知っている

最近よく思うのですが、学生の時にフラフラしてた時にお会いした人たちと、時間が経ってお話しさせて頂くと、そのときは全然見えてなかったけれど、点と点が本当に繋がっているなと感じる日々です。 正直色々と考えるよりも直感を素直に受け入れて、やりたい…

本質を突いた問いができることの価値

この一つの問いで多くの問題が解決されるような問い。 こういった問いを投げかけることができる力には非常に価値があると思います。 自分自身が尊敬する人達がいるのですが、たいてい急所をつくような問いをされます。 その問いが正しく本質を突いている。 …

適切なKPIを提示し、任せればうまくいく

明確に適切なKPIを提示する。 任せていく上で、これは非常に大切だと気がつきました。色々と頑張ろうとなってしまうと頑張り方もわからなくなり、労力も分散されてしまいます。これではうまく仕事を進めることができません。 逆にまだ任せられることになって…

採用要件を明確化することの大切さ

ある程度仕組みになってきた仕事に関して、その仕事をやるにはどんな時間帯に働ける人で、どんな経験がある人で、どんなことが得意な人だと働いていただくご本人にとっても望ましい仕事になるのか?をきちんと採用要件として定義することが大切だなと痛感す…

失うものがないことが強みになる

最近強く思うことです。 何も持っていないということは実はものすごい強みだと思います。 何かを持っていると、それを失いたくないと思うものです。 でも何も持っていなければ、何も失うものがありません。失うものを持たない強さを持たせてくれます。 失う…

会社と個人の素敵な関係性について思うこと

会社を伸ばすために自分の得意なところを磨いていく。 自分の得意なところを伸ばすための仕事が会社を伸ばすなかで自然と発生してくる。 会社と個人がこういう関係にあるとき、もっとも素敵な関係だと思います。 なぜなら会社が伸びるということがその個人が…

ベストなやり方は常に状況によって変わっていく

ぶれちゃいけない部分。 これまでになかった最高の製品で、最高の体験を届けるという姿勢。 こういったものはぶれちゃいけない、譲っちゃいけないと思っています。 しかし、やり方は変わるべきであることが多いです。そのときのベストは、人が増えたり、会社…

このくらい汲み取ってという姿勢は非常に良くない

最近最も反省したことの一つです。 何に注力してもらいたいのかを、一つに絞り、具体的に依頼する姿勢。 これが僕には欠けていました。 これが欠けていると、お願いされるほうもどうしたらいいか?迷うし、成果も出ないことになってしまいます。 また最近気…

経営という仕事はみんなの知恵を結集する仕事にほかならないと思う

この人はこの分野において、すごい! ということがわかっていることが何より大切だと思います。 その上で、その分野のすごい人に、きちんと質問し、聞くべきは聞くことができるか?が経営では大切なことだと思います。 そうでないと、すごい人の力が生かされ…

誰もができる仕事にしていくことを意識することの大切さ

あれもこれも出来ないと、この仕事は出来ないとなってしまっていると、非常に困ったことになります。実はきちんと切り分ければ、この仕事はこのスキルがありさえすればできる仕事になります。 それをきちんと切り分けられていない仕事にしてしまっていると、…

整理整頓、どこに何があるのか?をすぐに突き止められる大切さ

最近整理整頓、物を捨てる。必要なものだけ、最小限のものだけを手元に置くことを徹底するようにしています。 事業上見ないといけない数字もそうなのですが、定義のあいまいな数字、いろいろ並んでいる数字。正直データだけがいろいろ見えていても、全く価値…

目標の立て方のコツ

目標達成率が200パーセント。 目標達成率が20パーセント。 どちらが良い結果でしょうか? 一見すると、200パーセント達成のほうが数字も大きいし、良さそうな気がします。 でも本当にそうでしょうか? 私は目標達成率が100パーセント以上であることをあまり…

頑張らないで済むために頑張るのが大切だと思う

頑張っているという主観的な感覚。 それで満足し、頑張ることが目的化してしまっている。 これは非常によくないと思います。 そもそもその頑張りは、他との比較がないので、自分的には一生懸命やってるよという話で、まったく客観的ではありません。 また頑…

書評:「プログラミングの世界へようこそ」

「プログラミングの世界へようこそ」という書籍を日本電子専門学校でも教鞭をとられている、中川聡先生からいただいたので、だいぶ時間が空いてしまいましたが、書評を書いてみようと思います。 最初に私個人の話になりますが、大学の情報の授業の時間の時に…

でっかい夢を追い続けて死にたい

心が赴くままに。 自分の限界を知りたい。もっと新しい体験をしてみたい。もっと挑戦してみたい。 そんな気持ちを死ぬまで持ち続けていたい。 それが自分にとっての幸せな時間なんだとおもいます。 自分は悲しいことにすごく飽きっぽいです。わかってしまっ…

ピンチのときにいかに慌てず、打つべき一手が打てるか?がすべてを決める

うまくいってる時。 そういうときに心の余裕があるのは当然です。 大事なのは、上手くいってない、このままではやばいというとき。 そういうときにこそ、自分自身の器がさらけ出されます。 上手くいってないときに、明確に理由を突き止め、そこに対して、大…

下手な経営戦略の本よりも島田紳助さんの考えを聞いたほうがいい

www.youtube.com すごく良いことを言っていると思います。 自分の強みは何か?自分たちの強みはなにか?世の中は何を求めているのか?を考えられてなければ、うまくいくわけがないし、何をどう頑張ればいいか?も見えてこない。 そしてそれを考え尽くしたう…

誰かに喜んでもらいたいが全ての基本

相手に喜んでもらいたい。 だから学ぶ。 だから挑戦する。 だから提案する。 だから工夫する。 だから継続する。 すべての基本にあるのは、この気持ち、誰かに喜んでもらいたいにいきつくものだと思います。 これさえあれば、常に改善したり、工夫したりする…

自分で決めなくなる未来に思うこと

AIがこんな未来があなたの素質を考えるといいですよーと教えてくれる未来。 あなたの遺伝子から考えると、こんな病気になる確率が高い。こんな人と結婚するとうまくいく。こんな仕事をするとより生産的になれる。 こういう未来が本当にくるようになると思い…

勝てるチームと負けるチームでは当たり前の基準がそもそも違っている

このくらいやってればいいでしょ。 自分は任せられたことはやってる。 当たり前の基準が勝てるチームと負けるチームでは大きく違っています。 こう思うのは、僕がバスケットボールや囲碁の団体戦、学生時代に勝ち負けがあるチームスポーツをやっていた影響が…

素直で当事者意識を常に持てたら勝手に学び、実行できるのではないか?

当事者意識がない。自分のせいじゃないとか、関係ないとか、こういう理由があるからできなかったと説明することばかり考えている。 素直じゃない。教えを全く参考にしない。自分の中でいったんとり込んでみて、すぐにやらない。でも、なんちゃらしかいわない…

イラッとしてしまったときは冷静になるために時間をおいてみる

僕は本当にちっぽけな人間で、イラッとしてしまうことがあります。 そうなったとき、最近少しずつ変えてみていることがあって、いったん時間を置かせてみるようにしています。 伝えるべきを伝えることは絶対に疎かにしたくないと思うのですが、その瞬間は感…

結果が出せない責任は常にリーダーにあると思う話

結果がチームとして出ていないとき。 その最終責任は常にリーダーにあると思います。 それこそがリーダーが存在する意義だと思いますし、それを認識できているか?で大きく仕事の仕方は変わると思います。 何かミスがあったり、うまくいかないことがあっても…

いつも後悔しないほうを選び続けたい

こうすればもっと楽だよな。 この辺りでいいじゃないか。 そういう分かれ道に立った時。 必ずあとで後悔するような、選択をしないでいたいと思います。今に全力を注ぐ。 いつの間にか歳をとって、チャレンジしないまま、失敗することなく、人生が終わってし…

自分に合った生き方を選ぶことが幸せなんだろうなと思った

人の人生を生きても幸せにはなれないと思います。 自分がどうしたいか?に忠実である人生であること。 これが幸せだと思います。他の人からどう見られるか?で選ぶ人生ほど、自分にとって辛いものはないと思います。 正解なんてない。自分がこうしたいと思う…

この人しかいないと直感で思った時、そこで声をかけないなんて考えられない

採用でも恋愛でもいつも変わらないと思います。 この人なんだと思ったら、すぐに行動する。必ず追い続ける。下手すると、ストーカーくらいの気持ちを胸に口説き続ける。本当にストーカーになってしまうとまずいですがw これはぼくの常に変わらない行動指針で…

虎視眈々とチャンスを待つ

焦りすぎない。 ここだ!というときに迅速な動き出しを出来るように常にアンテナを張って、絶え間ない準備をしておく。 それが大切だと思っています。勝ち目もない段階で、時期が来てないときに勝負に出るのは愚策だと思っています。 力あるチームのメンバー…

目上の方とお仕事させて頂くと学びが多い

辛い現実も知った上で、話をして下さるのが大きいです。 まだまだ若造、若輩者である自分をきちんと知り、目上の方々から頂ける知見を素直に受け止め、改善する。 とても大事なことだと思います。どうしても自分だけの視点では、見えていない視点があります。…

相手が喜んでくれるかな?と考える

昔と一番変わったことです。おそらく商売をさせていただく中で、その意識が強まったのだと思います。 相手の喜ぶことをすることが自分の喜びとなるというような意識。自分が喜ぶことももちろん嬉しいですが、それだけだと虚しい。 一緒に相手が知らないよう…

山王戦の湘北高校が教えてくれる理想の関係性

三井が山王戦で思い切りよく3ポイントを打て、シュートが決まっていた理由。 それは桜木がリバウンドを必ずとってくれる。 赤木が自分にスクリーンを必ずかけてくれる。 宮城が自分が空いたところにパスをくれる。 そういう各人が求められている役割を果たし…

商いとは相手に得してもらう、喜んでもらうことだと思う

相手が儲かる。 これは特に法人のお客様に大事な視点だと思います。ただコストが下がるの視点だけだと、結局値段しか見られなくなるので、それだけでは厳しいと思います。 相手が楽しむ、相手の生活が豊かになる。時間が節約できる。 これは個人のお客様に大…

ちょっと、いやかなり嬉しかった話

ああ、こんなに会社のことを考えてくれているんだ、実は。 という喜びが昨日ありました。 結果を追うのも大事だし、わかるんですけど、やっぱり何気ない言動から感じ取れる、会社のことを本当に考えてくれている人の存在って、大きいと思います。 自分だけじ…

失敗したことはいいこと。むしろ何もしないほうが最悪

どんどん失敗し、筋のいい方向に持っていく。 これが大事なことだと思います。 それを失敗したら色々言われるし、恥ずかしいからなどの理由で失敗しないことのほうが最悪です。 失敗しないと経験値はたまりません。いち早く経験値をためて、すぐ改善する。必…

ビジョンなきチームは勝てないし、戦う意義もない

何を信じているのか? 大事なことです。僕は中学生の時、能代工業の試合をビデオでよく見ていました。 能代工業は僕が大好きなスラムダンクの漫画で出てくる、山王工業のモチーフになったチームです。日本人初のNBA選手、身長わずか173cm、田臥勇太選手を輩…

戦況に応じて迅速に戦術は変えるべき

計画通りにいかないことはよくあること。 そこできちんと自暴自棄にならず、なぜうまくいないのか?をきちんと考え、理解する。 その上で、打つべき手を打ち、経過を見て、また戦術レベルでは変えていく。 大きなビジョン、戦略レベルのものは頻繁に変えるべ…

自分の存在意義を感じられるチームこそベストのチーム

最近が気がついたことがあります。 自分の存在意義を感じられるチーム、自分が果たすべき役割が何で、そこで貢献できるようなチームこそ理想形だと思うに至りました。 正直果たすべき役割が似ている人間は必ずライバル意識が芽生えます。でも自分とは違う役…

信用ほど高いものはない

これは商売をさせていただくようになってから特に強く感じるようになったことです。 目先のお金よりも信用の方が大事だと思うし、かけがえのないものだと思います。信用はすぐにはつくれません。日々の積み重ねで初めて作れるものだからです。 しかも信用は…

言い訳に頭を使うことの勿体無さ

できない理由を論理立てて話すことに頭を使っていることほど勿体無いことはないと思います。 そんなことするくらいならできるようにするためにその頭を使ったほうがいい。早くやってから、色々考えたり、修正すればいい。 そして必ず結果にこだわる。 自戒を…

ピンチはチャンス

上手くいってないとき。 そこには必ず理由があります。 改善する余地があります。 上手くいっているときは、改善しようという気持ちがどうしても弱くなりがちです。 だから屁理屈ではなく、ピンチはチャンスであると僕は思います。 ピンチをチャンスに変えた…

自分の仕事のやり方を変える。答えを伝えることが大事な時だってある。

最初はとにかくハードワークあるのみ。 これはある程度正しかったなと思っています。ある一定量の経験値がないと、洞察も働かないからです。特に私の場合は、社会に出ての経験が浅いこともあったので、痛切に感じていました。 その後、徐々にいろんな人と一…

スラムダンクをもとにどんなチームが好きか?を考えてみた

起業して変わったこと。スラムダンクで言えば三井が大好きだったのに、赤木の気持ちが最もわかるようになり、好きになったこと。 そして湘北、陵南、海南、山王というチームでどのチームが一番好きだったか?と考えることがあります。 いろんなチームあるん…

プロとしての仕事をしたい

これはやろうという話になった時、やっぱり自分の任せられている領域においては、プロとしてやりきりたいと思います。 最近仕事をする中で、プロってなんなのか?と考えた時に、自分が果たすべき役割をわかっていて、そこを周囲の期待を超えて必ずやりきる人…

Asanaを使うことでチームを超えての仕事上の協力がしやすくなった話

デザインチーム、開発チーム、マーケティングチーム、ビジネスチーム。 これらのチームで協力をして、仕事を進めることが弊社でも大きな課題になっていました。例えば、この話をビジネスにした後に、開発に持っていかないといけないなどが多数発生していたの…

常にシロウトとして本質を捉える

小手先のことはどうでもいい。 もっとも核心を突く大切なことはなんなのか?それが決まりさえすれば、他のものは自然に決まってくる本質はなんなのか? これを純粋な目で捉えられることが大切だと思います。新しいことを模索するときは、常にそうです。 自戒…

否定されることに慣れること。そしてそれをうまく咀嚼しながら前進すること

これを言ったとしても否定されるし、いろいろ言われるから。 この否定され続けることに対して、きちんと耐性がついていないと、何か新しいことを始めてみたり、物事を前進させることができないと感じることが多いです。 否定するだけの方が実は圧倒的に楽で…

仮説と実際の体験がなければデータは何も教えてくれない

最近データを見て行う仕事が増えてきていて、その中で感じたことです。 何かしらの仮説を持ってデータを見ていないと、重要な洞察を引き出すことはできません。データさえあればいいというのは大きく間違っていると思います。 同時に、実際の体験、目にした…

予備校の自習室に通う感じとリモートワークしてるときの感じは似ている

浪人生活を1年送っていたことと、リモートワークしているときの感覚が似ていると思ったので書いてみます。浪人生活のとき、適度に勉強する場所を変えつつ、メインは予備校の自習室にし、うまく周りに勉強している人がいる状態を作りつつ、勉強してました。た…

悪い報告への対応こそ大切

これは自分もいつも気をつけないといけないと思う反省点。 悪い報告をしたときに、いかにありがたい態度を相手に示せるか?って大事だと思います。悪い報告して、なんか相手に不機嫌な態度されたら、もう報告なんてしたくねーよと思うのが人情。 僕も気をつ…

コミュニケーションの量を減らせる仕組みを考える

社内にいると話しかけ、議論をしすぎてしまう。自分の問題だと気がつきました。一定期間は何も言わない。そして結果が出るまでに時間はかかるのだから、何も言わない。コミュニケーションをしない努力を、もっとすべきだと深く反省しました。やり方を変えま…

経験を買うことが大事

もし新しいことを試さなかったとしたら、その分経験を買うことができません。 何も試していない、学んでいないということは経験を買っていないということです。何もしないよりもきちんとまずはやってみることは非常に大切です。やる前から色々とうまくいかな…