すべての人にリモートワークを

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

感謝は誰のためにするものなのか?

 

「人に感謝しなさい」

 

「周りに感謝の気持ちを忘れずに」

 

といった言葉はよく耳にしますが、そもそもこれは誰のための感謝なのでしょうか?

 

自分自身の立場にたったとき、人から感謝の念を伝えられたとき、相手がどんな相手であったとしても嫌な気はしません。思わず嬉しくなってしまいます。

 

また何かお願いされたときに、感謝の言葉を告げられたからこそ、ちょっとしたお手伝いであったとしても、その人のお手伝いをしてよかったと思います。

 

なにも持っていなかったとしても、相手が喜んでくれることをしない手はないと思います。また実際に思ってもいないことであれば、それは相手に伝わってしまうので、自然にそう思えるようになることは大切でしょう。だからこそ、冒頭で紹介させて頂いた

 

「人に感謝しなさい」

 

「周りに感謝の気持ちを忘れずに」

 

というような教訓めいた言葉が世の中に出回っているのだと思います。

 

相手が喜んで下さることは本当に嬉しいことだという感覚は事業を開始して、私個人としては強くなる一方です。相手に喜んでもらえることを考えて、実践することは、ビジネスの根本であるように思います。それを簡単に実行できる「感謝する」という行為。

 

これからも自然に感謝ができるようにありたいと思います。