すべての人にリモートワークを

CODEAL(コデアル)株式会社社長です。連絡は shota.atago@codeal.asia まで。

シンプルに物事を捉えることの大切さ

世の中にある様々な事象は非常に複雑怪奇に見える

ただある切り口でみると、その一見複雑怪奇にみえる事象にも規則性がある。

例えば、どの部屋にどの家具が合うのかをカラーコーディネーターの人が判断していたりすることを、色の明度だけでその判断を行うなど簡素化、シンプルにすることで自動化できる可能性が出てくる。

また経済学の理論でも複雑な人間の経済活動を、人は効用を最大化するための行動をとるというシンプルな前提を置いたうえで、経済行動をとるという見方をしている。

上記に置いたような、個別具体的にみると、100パーセントそうではないけれど、ある特定の切り口で現実の事象をみて、考えることは、何かしらのプロセスを、プログラムで自動化する、仕組み化するといううえで非常に重要な見方だと思う。

少し話は変わるが、会社の数字をみるうえでも、売上、経常利益、営業利益、固定費などなど、挙げればきりがないくらいに色々な数字が出てくるが、本質的に一番着目し、見なければならないものはなんなのか?を意識し、その一つの指標に絞って現実の事象をみることの大切さを感じる。