平成の坂本龍馬を目指して

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

弊社コデアル株式会社の採用基準

採用面談を繰り返し、一緒に働いてみる経験がふえたことで、コデアルにどんな人に入社してほしいかが整理されてきたので、共有してみようと思います。
 
以下採用基準です。これから会社のフェーズが変わったり、自分自身の考え方が変わる部分もあるかもしれませんが。
 

コデアルの採用基準

 

職種に関係なく、共通する部分

 
素直であること。他責ではなく、自責である人。すぐに悪い点を指摘されたら受け止め、改善してくる人
 
自力本願である人。他力本願ではない人
 
セルフマネジメントの出来る人。人からケツたたきされなくても、自分で自分を管理し、仕事が出来る人。自分で動ける人
 
自分でいつまでを目途(エンジニアであれば目安になる。ソースコードの実装見積もりは立てにくいため。)にその作業をやるのかを申告し、実際にやり切れる人
 
周囲への思いやりがある人
 
意図を汲み取る力がある人
 
使い手によりそう共感力がある人
 

エンジニア以外の職種の場合

 
業務を仕組みにすることを意識し、仕事のできる人
 
マニュアルの書ける人(こういう人はエンジニアとしての素養もある)

 

泥臭い仕事を厭わず、仕組みにすることを考え、実行出来る人

 
きちんと自分の仕事内容について周囲に説明のできる人
 

エンジニアの場合

 
早く、課題解決案を自ら提示したうえで、コードを書けること。完璧な仕様を求めない人
 
ソースコードを定期的にコミットし、きちんと自分の作業内容について周囲に説明のできる人
 
いかに全体の仕事量が減るかを考える
 
怠惰・短気・傲慢