すべての人にリモートワークを

CODEAL(コデアル)株式会社社長です。連絡は shota.atago@codeal.asia まで。

直接ユーザーと話す機会をつくっているメンバーが持つことは大切なのでは?

効率化しようとすると分業が進みます。

 

ただ小さな組織であるメリットを最大限享受しようと思うのであれば、全ての時間を使う必要は全くありませんが、作り手のメンバー全員がカスタマーサポートを体験したり、直接ユーザーの声をきく場を持つことが望ましいと思うようになりました。

 

どんなに重要だ、緊急性が高いという話があったとしても、やはり顔の見える人との接点があったうえでの、機能の改善要望だと思います。

 

定期的にそういう機会があることは重要だと思います。

プログラムは書いたことをやってくれるにすぎません。いきなりプログラムは書けるものではないと思います。

 

誰の、何を解決するのか?これをしっかりわかったうえで、プログラムははじめて書けるものだと思っています。