平成の坂本龍馬を目指して

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

24時間アンテナを張っていることが大切。場所は問わない

日常の暮らしの中でも、常に自分がいま直面している仕事の課題について考えていれば、あるふとした出来事からその解決策、打開策を得ることができるものだと思います。

どこにいても考えることはできるので、それは場所は問いません。仕事をしているといえばしているし、していないといえばしていないといえると思います。

ただ創業者はこれを常に自然と考えるだけの情熱がなければ厳しいと思いますし、いいものを世に出したいと思うのであれば、こういった姿勢で事に当たらなければうまくいく気がまったくしません。

これは難しいことですが、いい案というのは、頭からひねり出した結果出てくることが多いように思います。人間の頭の出来には差があるかも知れませんが、それはそれほど大きな差ではないと感じる機会が多いです。

なにか課題を持った上で、日常生活をしていれば、アンテナがはられている状態なので、あらゆるモノに学びがあります。ただその視点がなければ、ただ時間を過ごしているだけになります。

それをやらされている、仕事としてやっていると思っていてはなかなか難しいものがあります。

アンテナをはっていて、そこからの学びが楽しいからやってしまうというのが健全であり、あるべき姿なんだろうなと思います。