平成の坂本龍馬を目指して

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

いいことの報告は極論いらない。悪いこと、問題がおきてることをとにかく聞きたい

色んな部門との定例mtgをするのですが、僕の場合、うまくいっている情報や報告はあまり興味がありません。

それはそれでうまくいってるのであれば、別にそれでいいと思うからです。

むしろなかなか情報として上がってこないで、自分から取りに行かないといけないなと思っているのは、悪い方の情報です。

悪い情報ほど共有してほしいですし、自分がほしい情報でもあります。どうしても悪いことを聞くと、嫌な気持ちになることもあるのですが、そこは自戒を込めて、悪い報告をまずは積極的に教えてくれてありがとうと思えるようにあらねばと思っています。

そこの部分はまだまだなのですが。。。実情は。どうしても悪い情報をきくと、浅はかな、まだまだ人間の器が小さなぼくはちょっと不機嫌になったりするところがあります。

でもこれだと報告する人は報告してくれなくなると思います。

いいことは良かったね。悪かったことを教えてもらったときは、本当にありがとう!と満面の笑みで言えるくらいの器にならなくてはいけないなと反省しっぱなしです。

いいことはそれを続ければいいだけです。でも悪いことは、それを改善すれば飛躍的に物事が好転する可能性を秘めています。

だからこそ言いにくい、悪いことのほうがききたいのです。

自分から悪いことはないか?の情報を取りに行くことは勿論していきたいと思いますが、もっと悪いことほど伝えよう!という雰囲気になるように、自分を改めないといけないなと反省しています。