すべての人にリモートワークを

CODEAL(コデアル)株式会社社長です。連絡は shota.atago@codeal.asia まで。

自分にとって必要な英語学習

僕の場合にもカタコトの英語を話す機会がたまに出てきます。

相手もネイティブではないことも多いです。

会社にとっての商売のチャンスを逃さないための、商売における交渉で、きちんと交渉を成立させることができる英語力こそが自分に必要な英語力だと思っています。

インドネシアにいったときに、ホテルのお風呂が水漏れしたときも、グレードがいい部屋に変えてくれないか?と交渉したとき、いい部屋に変えてもらうことができました。

まだ大きな商売の交渉の場では、自分の英語力を駆使したことがありません。

日本国内では、様々な交渉をする機会に恵まれていますが、そういった機会を国外でも自分から積極的に持てるように、商売において交渉するための英語を身につけておきたいと思います。

そのために、商売の交渉上出てくる言い回しは頭に入れたいなと。

来年そういった交渉の機会を持てるように、意識して進めていきたいと思います。