すべての人にリモートワークを

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

誰が悪いではなく、仕組みの悪さを考えるべき

何か問題が起きた時、単純に誰が悪いとかではなく、仕組みの悪さを考えてみる必要があると思います。

他にだれも確認する仕組みがなければ、どんな人でも手を抜きます。

また一人で完結する仕事は存在しません。そもそもコミュニケーションが取りにくくなっていなかったのか?といったところまで含めて、原因を考え、改善の必要があります。

例えばよくあるのが、この日報に必ず記載してね、だったり、営業報告必ず入力してね

だったりあるわけなのですが、そもそも入力するとき、入力しにくいものになっていたら、みんな入力を避けますし、そもそもなんのために書くかが徹底して共有、理解されていなければ、すぐさま形骸化し、適当に入力するようになります。

他の人が確認しにくくなっていればなおさらです。

だからこそ、まずその仕組みそのものの問題を考え、そのうえでなぜ失敗が起きたのかを正確に捉え、改善していく。

誰がやっても失敗しないようにしていくことはすごく大切なことだと思っています。

とはいえ、作業をしているその人本人がどれだけ意図を理解して、責任感を持って業務にあたっているのかも大事ではあります。

難しいところです。なんで起きたのか?をしっかり捉えて、指摘をしたり、対策を打ちたいところです。