すべての人にリモートワークを

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

営業とは?そして値段とは?

実績も何もないときの営業を考えてみます。

 

営業とは、自分を買ってもらうことに他なりません。

 
会社の見ている夢やビジョンを売り込む。同志であり、ファンになって頂く。商品ではなく、ビジョンを売っていると僕は思っています。
 

sites.google.com

 
そのことを上記のTEDの講演はちょうど近いことを言っていると思いましたので、紹介したいと思います。他社と比べてこんな機能があるとかそんな話ではなく、会社がなぜそのサービス、商品を作っているのかを語ることが大切だと思うのです。
 
少しずつ実績がついてくるようになると、その夢、ビジョンはハリボテではなく、本物だったのだなと少しずつ信用して頂けるようになります。積み重ねが大切です。
 
また商品やサービスを提供する際の、安売りは思考停止になりかねません。
 
安易な値引きを戒めるこの記事も非常に勉強させて頂きました。書いていること、非常に共感を覚えます。そもそも値下げを求めてくるお客様は、自分達が求めているお客様ではないことが多いです。値下げを弊社でも禁止しています。その分お客様への価値提供にこだわり、お値段以上ニトリではないですが、お値段以上の価値提供をすることで貢献させて頂きたいと考え、実践しています。

whatever.doorblog.jp

 
もっとお客様にその商品やサービスがどのような価値を提供できるのか?を頭がちぎれるほどに考え、その価値を実現する。そしてお客様がお値段以上の価値を感じる商品、サービスであれば、いくらでも気持ちよく買って頂くことができると思います。
 
思考停止して、安くすればいいやというのではなく、価格を下げず、お客様に提供できる価値を上げるベきだと思うのです。インターネット時代であるからこそ、なおさらそう思います。
 
商品やサービスに関しては、10万円でも高いと感じることもあれば、安いと感じることもあります。値段とは、お客様がそれ以上の価値を感じたかどうかによって、高くも感じ、安くも感じるものだと思います。