読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成の坂本龍馬を目指して

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

明確に誰に、何を、いつまでにやってほしいかを伝えないと人は動けない

社内で営業、開発両方で感じることがあったので。

会議をします。会議をやるだけでは全く意味がありません。会議はなんのためにやるのでしょう?

僕は基本的に会議の時間は短くあるべきだと思っていて、なおかつ、誰が、何を、いつまでにやるのか?を決める時間だと思っています。

もちろんブレスト的な話の場があるのは大切なのですが、定常的に設けている会議の場は基本的に、誰が、何を、いつまでにやるのか?を決定し、実行できたのか?実行するうえで障壁になっているものはないか?を確認するための場所だと思っています。

なんとなくこれやったらいいよね?今度あれもやりたいよねといって、誰に、何を、いつまでにやってもらうのかを明確にしない会議が多すぎると反省しています。自戒をこめて。

誰が、何を、いつまでにやるのか?を確認するための会議であることを認識し、進行する人の推進力が弱いと社内で感じていて、そこは今まで自分がずっとそこをやりすぎていたという反省があります。

その会議の場でのリーダーを明確化し、その人に上記の誰が、何を、いつまでにやるのか?を確認することをぜひ率先してやっていってもらえるようにしたいと思います。自戒を込めて。