すべての人にリモートワークを

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

会社は何のために存在するのか?

僕自身学生の頃、経済学部の専攻であったので、経営の授業でこのような問いかけがありました。確か期末試験でこの問題が出たような気もします。

それは

会社は誰のものなのか?

ということです。この答えには、様々な答えがあると思います。学生だった頃の自分はまだ経営に携わったこともなく、そんなことどうでもよくないか?と思っていたことを覚えています。

今は自分なりの答えが少しずつですが、出来てきました。

そもそも誰のものなのか?という話をする前に、会社とは何のために存在するためのものなのでしょうか?

個人的な意見としては、そこに関わるあらゆる人たちを幸せにするために存在するものである。というのが僕個人の考えです。

もう少し具体的に説明させて頂くと、お客様も会社が存在し、その会社が提供するサービスを享受することにより、幸せになる。さらに社内のメンバーもその会社に関わることによって、なりたい自分に近づけることにより、幸せになれる。そして、株主にもその会社が成長することにより、経済的なリターンがもたらされて、幸せになる。

ということが実現されるために、会社という器があるのだと思っています。

ここで会社は誰のものなのか?という話に戻りましょう。

もちろん会社法上、決定権が株式の所有比率によって決定されるだったり、そういう形式上の話はあると思います。

しかし、会社は何のためにあるのか?の答えがお客様にも、社員にも、株主にも、あらゆる関係者、ステークホルダーが幸せになるために存在することから考えると、僕は会社は関わりのあるすべての人たちのものであり、その人たちの幸せを支えるものであると思います。