すべての人にリモートワークを

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

厳しい現実を直視し、受けとめ、そのうえで高い目標を目指すことの大切さ

身の程を知れ。

これはある意味では的を得ていることだと思います。

アイドルになりたい。

その人が本当にアイドルとしてうまくいのか?を厳しい現実を直視したうえで、判断しなければならないと思います。

他も同じです。

月に行ってみせる。

上場してみせる。

年商100億を超える、利益率50%越えの企業をつくってみせる。

なんだっていい。目標を立てることの意味、価値は大きいと僕は思っています。

しかし、そのとき、必ず厳しい現実。会社であれば10年続くのは5パーセント。3年で70パーセント潰れるという現実。

アイドルであれば、それで食えるのはごく一握りだという現実。

こういう事実、現実を見据え、それを飲み込み、抱えたうえで、目標を立てるべきであり、遂行すべきだと思っています。

こういう厳しい現実はあまり表立って出てきません。誰も知りたいことではないからです。

身の程を知り、今の自分の状況をしり、そのうえでチャレンジすることが大切だと思うのです。

そうでなければ、厳しい現実に直面したとき、覚悟できていなければ、すぐに諦めてしまいますし、続きません。

本当にそこまでして、挑戦してみたいものなのか?ここをしっかりと納得できて、挑戦できているとすごく強いと思います。またそんなの知らなかったよと過去の自分の決定を後悔することもなくなると思います。

最悪こうなるとイメージができていることによって、腹が据わってくるものだと思います。