平成の坂本龍馬を目指して

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

結局は一緒に仕事をしてみない限り、一緒にやっていけるかはわからない

結婚を例えに、今日はタイトルにある、一緒に仕事をしてみない限り、一緒にやっていけるかはわからない。

について書いてみようと思いますw

結婚までのプロセスとして、どのようなプロセスを踏むでしょうか?

1. 話をしたり、一緒に遊びに行ったり、ご飯食べたりして、相手の価値観や考え方や、本音で思っていることをきく。

2. その後、合うかもねと思ったら、付き合う。

3. 付き合って、よし結婚するかもとなったら、同棲してみる。

4. 結婚する。

という流れかと思います。

このうち、3.のプロセスをすっ飛ばすケースがあると思うのですが、4.の結婚するまでのまえのプロセスは、できるだけ小分けかつ多いほうが僕は双方にとって、いいと思います。

恋愛も結婚も焦ったら負けな気がしていますw採用もそうだと思っています。ついつい焦りがちになりますよね。。。。

結婚までの上記4つのプロセスで考えてみると、特に3.の結婚前の同棲が重要だと思っています。

1. 付き合う前
2. 付き合ってる頃
3. 結婚した後

では、男性、女性ともにその人の見せる顔は全く別物だといってもいいのではないでしょうか?

飾らない、素を出している人だといっても、多少の仮面は被っているものでしょう。どこのコミュニティでも全く同じキャラでいられる人などいないと思います。

となったときに、できるだけ結婚した後に近いその人の素性を知っていないと悲劇が起きますw双方にとって。

例えばやたら、家でゴロゴロしているばかりで、全く片付けをしないだったり、そういう部分は同棲しない限り、全く見えてきません。

ここでようやくw本題の採用の話に入りたいと思います。

採用も似ていると思うのです。

1. 面談で話す。
2. 少し簡単な仕事を一緒にやってみる。
3. 一緒に働くかを決める。

2.のプロセスがないと、結婚における同棲せず、素性を見ておらず、一緒になってしまったがために、辛い日常を送るということと、同じ状態になりかねません。

面談ではやる気満々な人に見えたけど、実際はそんなにやる気はなかっただとか、社員の人たちは物凄く優しく見えたけど、実際の仕事の現場では、緊張感があって、全然雰囲気が違ったとかですね。。。

合コンだと、どうしても可愛い女の子を、そして気の利く、話が面白い男子を演じてしまうのと同じで、一緒に働いていないとなかなか本当にどうなの?

という部分が双方に見えないのです。弊社コデアル株式会社では、新卒、中途ともに、基本的に一緒に仕事をしたことのある人としか、一緒にやるとしていない理由はここにあります。

相手のためにも、きちんと素性を知ってもらって、ありのままの自分、というか会社の姿を見せて、好きになってもらえる人には、好きになってもらえたらなと思います。