すべての人にリモートワークを

CODEAL(コデアル)株式会社社長です。連絡は shota.atago@codeal.asia まで。

よくないものはよくない。いいものはいいと率直に言い合えるようにありたい。

いいものはいいと絶賛する。

いけてないものはいけてないということを、どこがいけてないかも指摘したうえで、しっかり伝える。

これを会社全体としてするようにありたいと思っています。

いいものはいいと積極的に褒める。そっちのほうが嬉しいですしねw

またいけてないのをいけてないとなかなか言えないでいる環境もよくないと思っていて、それではユーザーにとっていいものを届けることが疎かになってしまうからです。

率直にいいところは絶賛し、いけてないところは指摘する。いけてないよと言われたとき、受入れるのは、大変なことですが、受入れる姿勢のある人は強いです。大抵指摘されるのは、ムカッとするものですからw

率直にものをいい、褒めて、指摘することが、もっともっと、会社文化になればいいなと思っています。目的はユーザーを対して、価値提供できる、よりよいものを作ることなので、そこに向かっていることが大切なことです。

自分の意見が正しいかどうかなんて、僕はどうでもいいと思ってます。

論破しても意味がない。そんなものは目的ではないからです。

自分が間違っていたら、間違っていたとすぐに謝る。そして、方針転換をすることを厭わないでいたいと強く思います。

率直にものを言い合うことを大事にしたいので、会社の重視する価値観に、

空気を読むな。時代の流れを読め。

という価値観をうたっています。