読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成の坂本龍馬を目指して

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

そのチームはどこを目指しているのか?

人は弱い生き物。

僕もそうです。
人前では、

頑張ります!
めっちゃやる気あります!

とか言ってみても、虚しいものです。

確実に人が見てないところでは、サボりますw僕もそうです。嘘じゃないです。

どんな人でもサボらない仕組みをつくってなければ、サボるに決まっていると思っています。サボらない仕組みは、自分のやっている仕事をできるだけ、周囲に見せるようにすることと、仕事自体にどんな意義を感じているのか?を自分の中で明確にすることがコツです。

この2つを実践してれば、うまく自律して仕事ができると思っています。

特に社会に出てからは試験で何点とれば合格のように、わかりやすい目標設定はされていません。人様に目標を決めてもらう機会があるのは、学生時代までの話です。

自分で自分に目標を課して、そこに向かうということが必要になります。

正直な話、生きていくだけであれば、どれだけでもサボってても生きていけると思いますし、そういう姿勢もありだとは思います。

その人個人の選び方次第だし、人によって何を良しとするか?は価値観の問題です。

人の価値観は、否定されるべきものではありません。他の人の価値観は尊重されるべきでしょう。

ただこと自分となると、やはりサボらないでいたいなと思いますし、高い目標に向かって挑戦する。そのためにサボらない仕組みをつくっておきたいと思います。

最近よく葛藤を覚えることがあるのですが、全国大会に出て、試合し、全国優勝を目指しているチームは、おそらく強いチームです。

なぜなら、そこに行くことにチームのメンバーが同意できているからです。目指すべき場所への覚悟があります。そういうチームは強い。

そもそも目指すべき場所がはっきりしていて、関わるメンバーがそこに行きたいと思っていなければ、その場所には行けません。

地区予選で負けていいじゃないか、部活なんて楽しくやれればそれでいいし、それだけのものに過ぎないじゃないか。

それも一つの考え方です。全く悪くない。僕にもそう思っていたときがあるからです。

でもよくないなと思うのは、チームの中で目指す場所が違っているケースです。

メンバーの一部は、全国制覇が目標だと思っている。しかし、他のメンバーは地区予選どまりでいい。楽しく部活する、受験勉強の片手間に部活やりたいとなったときが悲劇です。

全く話がかみ合わなくなります。

なので、必ずそのチームがどこを目指しているのか?ははっきりしているべきですし、そのためにどんな練習をしていくのか?どのくらい練習に時間を使うのか?がそこから決まってきます。

全国制覇を目指すなら、当然練習はきつくなりますし、スタメンが学年で決まるとかいうこともあり得ません。1年生でもスタメンで試合に出るべき人は出るとなります。

僕は中学生の頃、バスケットボール部では、万年ベンチ要員で、スタメンでは一度も試合に出たことはありません。しかも勝ち負けが決まっている状態でしか、試合には出たことがありません。

だからこのときは、正直僕が頑張ろうが、頑張るまいが、全く試合の勝ち負けには関係ないだろうと思っていました。バスケットボールで高い目標を掲げたところでは、僕は多分辛いし、チームに必要な存在にもなれないと思います。

一方、高校生になってからは、囲碁部で一年生の頃からレギュラー入りして、それなりに囲碁が強い高校で試合にも出ていました。三年生のときには、キャプテンだったので、絶対に全国大会に出てやるという気持ちがありました。

このときは、完全に自分の一挙手一投足が勝負を決めるのだし、他のメンバーが試合前にどんな心理状態にあるのかも知りたいと思っていました。

非常に両極端な経験をさせてもらいました。

なので、正直このチームに俺なんて必要ないし、俺なんか勝ち負けに関係ないじゃんって気持ちもよくわかりますし、逆にこんなにチームで勝ちたいと思っているのに、なんでもっとみんなわかってくれないのかな?もっと真面目に練習しようぜという気持ちもわかります。

コデアルという会社をはじめてからは、僕が高校の囲碁部にいたときに感じたことと、似たような経験をすることが多いです。

全国制覇を目指すんだという気持ちで、自分が仕事に向き合っているからです。どうしても高い目標を見ていると、もっとやらなければならない。と思ってしまいがち。

仕事においてどこを目指すのか?目指したいと思っているのか?これを仕事を実際にやってみて、見極め、企業もどこに目標をおいているのか?を見極める。

そうして、自分が地区予選に出れればいいと思っているのか?全国制覇を目指したいと思っているのか?に合わせて、会社を選ぶのが一番幸せになれると思っています。

コデアル株式会社は、高い目標を掲げ、全国制覇を目指すような会社でありたいと思っています。