すべての人にリモートワークを

CODEAL(コデアル)株式会社社長です。連絡は shota.atago@codeal.asia まで。

ケチるところは徹底的にケチる。その分を使うところに使う。会社のお金だと思うと人は考えなくなる。

会社が負担してくれる。

 

こう思うとそれにかかる費用なんてどうでもよくなりませんか?

 

B to Bのビジネスの肝ってここにある気がするくらいそう思います。ほとんどの人がそうなはずです。

 

無料のランチ、夕食、飲み物。

会社が支給してくれている携帯やPC。

 

これを当たり前と思うようになる。そして、それにいくらかかっているかは気にしない。小さな立て替えで、会社経費で購入するものなどもそうです。

 

全てのものにケチるのは間違っていると個人的な考えとして思っています。

 

しかし、そのお金の使い道が投資にならないものには、ビタ一文として使うべきではない

 

というのが僕個人の考えです。会社のお金であろうが、個人のお金であろうがそうです。

 

投資になるかどうかというのは、それ以上の価値を生むものになるか?です。

 

ケチった結果、会社のレクレーションをよりやれるようになるだったり、仕事で使うMacが支給されるようなった。

ということを認識としてもっておくと、会社のお金であろうと無駄に使おうとは思わないはずです。

 

自戒を込めて。