すべての人にリモートワークを

CODEAL(コデアル)株式会社社長です。連絡は shota.atago@codeal.asia まで。

勉強したいです。勉強になります。を使っていいのは、自分がお金を払っている学校の授業だけだと思う話

やたらと勉強したいです、勉強させてください、勉強になります。

 

というケースがあると思うのですが、僕は学費を自分が払っている立場でない限り、この言葉は使うべきではないと思っています。

 

そもそも仕事と勉強は別です。仕事の場で勉強するのは間違っています。勉強と仕事を完全に切り分けて考えるべきです。

 

仕事の対価はその人にしかできないことがあるからこそ、支払われているのであって、自分が授業料を払っていないときに勉強するというのはおかしいと思っています。

 

そのため、僕はあまり勉強という言葉が好きではありません。なにか実践に直結していない感じがあるからです。よりよい価値を届けるために、必要なインプットをするというような言い方のほうが適切な気がします。

 

自戒を込めて。