平成の坂本龍馬を目指して

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

自分にとって耳ざわりのいいことしか聞けない人にはなりたくない

自戒を込めてのエントリー。

 

人は誰しもほめられたり、同調されたりすると嬉しいものです。しかし、僕はこうありたいと思っていることがあります。

 

違いを楽しみ、その違いを尊敬出来る人でありたいということです。

 

深い理由はないのですが、自分とキャラが近い人とばかり付き合っていたり、いつも同じグループだけで話をしてても、あまのじゃくだからなのでしょうか、もっと色んな人、特に価値観の離れた人と話をしたいと思ってしまうところがあります。

 

これは昔からです。

 

日頃この人はこういう考え方をしているのかというのを知ることが楽しかったりします。もしくはある特定の事象に対して、自分なりの見解、意見がある人などの話は非常にきいていて、楽しいです。

 

自分にはないものに気づけるからです。

 

少し話は変わりますが、冒頭に書いたように、自分と必ず同調してくれる人だけしか周囲にいないというのは、心地よくはあるかもしれませんが、ワクワクしないですし、かなり危険な状態だと思います。

 

むしろ自分にとって耳障りの悪いようなことを言ってくれる人こそ、おそらくその人にとって大切な人なのだと思います。

 

わざわざ自分が嫌われること覚悟でいってきてくれているのだから、きちんとその人の話をきいたほうが幸せになれると思っています。