読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成の坂本龍馬を目指して

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

言葉はあまり信用してはいけないと思う話

タスク確認のときの、「やりました」はあまり当てになりません。つい「やったよね?」というような聞かれ方をしてしまうと、そのまま「はい」と答えてしまうのが人だと思います。

 

流されて、とりあえず言ってしまうので、言葉でやったかやってないかを確認することには実はあまり意味が無いということを、自分を振り返ってみても気がつきました。

 

大事なのは、実際のその作業の進捗やその作業が完遂されていることを誰が、いつみてもわかるようになっているかどうか?であって、報告を細かくすることではないと思っています。マイクロマネジメントはそういう意味でもよくないと思っています。またその人の自主性を尊重しないことにつながるとも思っています。

 

またこれが欲しいよね?という言い方をしてしまうと、大抵の人は「はい。」と答えてしまいます。

 

さらになにか断りを入れたりするとき、断りの理由として、相手に差し障りのないような理由をあげようと思ったことがあなたにもあるはずです。

 

言葉を大切にすることは大切なことですが、言葉をその言葉通りに受け取るのは、実は危険がひそんでいます。特にヒアリングのときや、他にも影響が出るような、重要なタスクの確認のときなど、そうです。

 

言葉を信用しすぎないように、気をつけたいと思います。自戒を込めて。