読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成の坂本龍馬を目指して

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

勉強と学びの違いとは?勉強と学びは違う

これは誤解して伝わりかねないと思ったので、きちんと書いておきたいと思ったネタになります。勉強すると学ぶを同じ、似たようなものとして捉えている人もいると思ったためです。

 

過去に僕が「勉強」について書いてきた記事が複数あります。僕は勉強ではなく、学びが大事だと常日頃、強く思っています。なので、今回は勉強と学びの違いについて、書きたいと思います。

 

ceo.codeal.asia

 

ceo.codeal.asia

 

ceo.codeal.asia

 

僕は勉強は好きじゃないと明確に書いていますが、学びは非常に大切であり、価値の大きなものだと思っています。

 

ほぼ答えが出てしまっているのですが、複数いい記事を見つけたので、引用させて頂きます。

「勉強」から「学び」へ - 侏儒のことば

 

「勉強」が何ものとも出会わず何ものとも対話しないで遂行されるのに対して、「学び」はモノや人や事柄と出会い対話する営みであり、他者の思考や感情と出会い対話する営みであり、自分自身と出会い対話する営みであると思います。

 

勉強と学びの違い:マインドマップ講座

 

勉強は、無理強いでやるもの。
つまり半分は強制的。勉強という漢字をみてもわかると思う。
義務教育なんて、まさにその典型。
勉強はちょっとストレスを感じてしまう。

一方、学びはちょっと違う。
自発的に思うことで、自らが行動すること。
だから学びは、何だか楽しく感じる。

 

勉強は自己完結しているものであり、学びは他の人あってこそのものであり、他者に良い影響を及ぼすものです。

 

また勉強は漢字のとおり、『強いて勉める』です。なので、そもそも無理矢理やってて、やらされていることなのです。なので、基本的に楽しくないことです。勉強しなさいとか最悪ですよね。。。。無理矢理やりなさい!って意味ですから。

 

そんなもの、誰もやりたくないと思います。なので、僕は勉強という言葉自体が極端に嫌いなのです。

 

やらされているのではなく、モノや人、事柄と関わりあう中で、気づきを得ることを楽しみ、他の人にも良い影響を与えていく行為。が僕の中での、『学ぶ』なのです。

 

僕は『学びたい』し、学ぶことは歓迎し、大好きなのですが、『勉強する』のは嫌いですし、勉強なんてさせたくないと思っていますw僕は一回も勉強したことがありません。勉強はしたくないし、学びたいからです。

 

この記事を書いていて、『勉強しない、学べる塾』っていいなって思いましたw

 

学びは、教えるものではなく、気づくものであり、自発的な行為なので、なにかディスカッションする相手になるような形での講義になるのかな?と思ったりしました。

 

学び多き会社に、コデアルという会社がなれたらなと思います。自戒を込めて。