平成の坂本龍馬を目指して

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

普通だったら言ってもらえないことを言ってくれる人が近くにいることの幸せを感じた話

なかなか言いにくいこと、◯◯は苦手だよね、実は。

だったり、こういうことを率直にぶつけてくれる人がいることのありがたさを感じた1日でした。

まだまだ小さいですし、自分自身未熟であるところが大きいですが、社長になってしまうと、誰からも指摘をされないし、誰からも褒められることがなくなる。

これって実は凄く恐ろしいことです。

誰からも褒められることがないのは、自分で自分を褒めるとしても、悪いところは指摘をされないままでいると、そこは改善されることはありません。

自分で自分をきちんと慰めることができ、鼓舞することができることも大切なことです。上司がいれば、上司が褒めたり、その仕事にフィードバックをくれます。でも社長に未熟でもなんでも一度なってしまうと、その機会は自分から作りに行かないかぎり、ありません。

その機会を与えてくれるのは、役員のメンバーだったり、先輩のメンターとなってくれている起業家や経営者だったりします。

黙っていると、誰も指摘、注意なんかしてくれません。そして自分から情報をとりにいったり、動かないかぎり、誰も教えてなんてくれません。

自らを戒め、自ら動き、自ら学び、自ら反省し、自ら改めるしかなくなります。

自分で自分を律することができなくなってしまう危険性が常にそこには存在します。

それを指摘してくれる人が近くにいることは凄くありがたいことであり、大事にし、きちんときかなければならないことであると思っています。

もっと自分を自分できちんと律する姿勢を持ちたいと思いました。自戒をこめて。