すべての人にリモートワークを

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

自分の専門分野には拘りを持ちやすいが、そうではない分野となると人は拘りを失いやすい

これは得意を持った人達が一緒にやる意義がここにあると思う、一つの大きな理由です。

 

人は自分の得意な部分、専門的な部分には勝手にこだわりを持つものです。しかし、それ以外の分野だと認識してしまうと、こだわりを持つことができません。

 

だからこそ、違う分野の専門分野を持った人同士が議論することに意義がある思います。そのとき遠慮してはいけません。その分野のスペシャリティを持っている人は率直に意見を述べるべきです。

 

今チームでは、UIにこだわりを持てる人というところに、大きな課題があります。UXに関しては、問題ないのですが、それをどう表現するか?に課題があるのです。

 

そこにおける高いスペシャリティがあり、率直に意見を述べることができる存在が不可欠だと思っています。

 

今日のものづくりにおいて、テクノロジーとデザインは疎結合のものではなく、その結びつきをますます強めています。テクノロジーを咀嚼しつつ、UIに強いこだわりがもてるスペシャリティのある人がチームに不在であるという認識があるので、ここは大きな課題です。

 

チームのメンバーは千差万別ですが、「テクノロジーで世界はもっと素敵にできる」というビジョンだけは一緒の方向を見ているチームです。

 

なんとかせねば。。。。