平成の坂本龍馬を目指して

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

営業と人事の共通点。人事に最高の営業マンを配置することは理にかなっていると思う

営業活動と人事活動を同時にやっているため、強く感じます。

営業活動では、お客様が何に困っていて、何を望んでいるか?を掴み、それを解決する方法を創出し、サービス、製品として提供します。

採用活動では、関わってくれる本人が何に関心を持っていて、どんな経験を得たい、どういう状態の自分になりたいと思っているかを捉え、その人の強みをもとに、そういう経験ができるか、その人の力が絶対に必要だというを伝え、口説くことになります。

これは相手が何を望んでいるかを察し、最終的な現実における着地点を見つけるという意味で非常に似ています。

単に望んでいるものを捉えたとしても、それだけでは不十分です。現実に着地点を見つけられなければ、その話はまとまりません。

事業は、ものづくりは、最後は人であり、チームで決まると僕は信じています。

なぜなら、最初は全くダメな石ころのようなアイデアだったとしても、そのアイデアからはじめて、最初のアイデアを捨てたり、その石ころから気づきを得て、アイデアを昇華させていくことがいいチームであればできます。

しかし、いいチームでなければ、それができません。最初の石ころで終わります。

全ては人に始まり、人に終わると思っています。そう考えれば、もっとも社内で優れた営業マンこそ、人材採用活動に力を入れるというのは、非常に合理的だと思います。