平成の坂本龍馬を目指して

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

リモート面談をはじめよう!リモート面談の効率をあげるためのビデオ通話、面談日程調整の心得

東京に本社があって、東京に働く人もいるケースであれば全く問題がありませんが、そういう人ばかりではありません。

 

地方在住だったり、ドイツ在住、アメリカ在住という方もいらっしゃいます。

 

もしそれを自社のオフィスの立地に制約されてしまって、非常に優秀な人の力を借りる機会を失ってしまっていたとしたら、非常にもったいないことだと思います。

 

とくにエンジニアの場合、リモートでの業務が成り立ちやすい性質があるので、この機会を失ってしまうことは、組織としての競争力を自ら失ってしまっているとも言えるでしょう。

 

そこで今回は、リモート面談を実施することで、より多くの優秀なエンジニアの方と出会う機会につなげて頂ければという思いから、リモート面談を便利にしてくれるツールについて紹介したいと思います。

 

もちろん航空券のチケットを相手にいきなり渡して、オフィスにきてもらうだったり、直接相手の住んでいる国や地域に会いにいくということも大切だと思います。しかし、全部の対応を必ず会うとしてしまうと、地理的制約も金銭的制約もあまりに大きいので、まず最初の接点を持つ手段として、リモート面談をおすすめします。リモート面談をして、その後、一旦実際に会う機会を設けるといったことをすると良いでしょう。

 

ではリモート面談を具体的に、どのように行うのか?について紹介させて頂きます。

 

まずは、リモート面談の場合、ビデオ通話になります。ビデオ通話となったときに、最も使われているものとしてSkypeがあると思いますが、私が最もおすすめするのは、 appear.in というサービスです。

f:id:shotar:20151218112018p:plain

Skypeは使うときに、相手のSkypeIDを知っておく必要があります。それに比べて、appear.in であれば、相手のIDを知らなかったとしても、ビデオ通話をしたい相手に対して、URLを送り、そのURLをクリックするだけで通話ができるという優れものです。そして無料です。

 

ただし、リモート面談をビデオ通話をするにあたっては、遠方の求職者の方との、日程の調整が必要になります。日程調整は、私もいつも面倒だなと感じていて、もっと簡単に、シンプルに日程調整が出来たらいいのになといつも感じています。

 

その面談の日程調整の問題を解決してくれるサービスも紹介したいと思います。

 

リザーブハッカーというサービスです。こちらも無料です。相手からあなたの空き時間を選択してもらうことにより面倒な日程調整を不要にしてくれます

f:id:shotar:20151218112108p:plain

人事、採用担当者の方はおそらく求職者の方との日程調整において、非常に面倒だと感じていらっしゃる方が多いかと思います。ぜひリザーブハッカーを活用することで、日程調整の手間を省かれてみてはいかがでしょうか?

 

日程調整、そしてビデオ通話での面談を上記で紹介してきたツールを使って、効率的に行うことで、地理的な制約を受けることなく、世界中にいる優秀な人たちの力を借りることができる機会が大きく広がります。

 

まずは上記ツールを使って、試しにリモート面談されてみてはいかがでしょうか?

 

リモート面談によるITエンジニアの副業採用ができる「コデアル」というサービスも弊社では開発・運営しております。以下よりお気軽にお問い合わせ下さい!

www.codeal.work