すべての人にリモートワークを

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

仕事における信頼とチャンスとは?

自分がふられた仕事をそこそこにやる。

それだけだとチャンスは巡ってきません。こいつに話をしたら、どんどん前に話が進むと思われることが大切です。特に経験が浅いときなど、これは大切なことです。

言われたことだけをそこそこやるだけなら、その人に信頼は生まれません。なので、その人にこれも任せてみようとは決してなりません。

今チームが直面している課題に対して、こういうアプローチもできるのでは?と提言してみる。そして僕ならこのアプローチを実行できます。やりますと宣言し、やり遂げる。

こういう人には、必ずチャンスが巡ってきます。チームからの信頼が芽生えるからです。

チームが直面している課題に関心がそれほどない人は、自分のやりたいことという視点での関心しかありません。

なので、今自分に出来ることをという視点ではなく、仕事を極端に選ぶ傾向が強いです。そういう人は得てして、チームからの信頼を集めにくくなります。

なぜなら、その人の原動力が、チームを前進させ、最高のものをユーザーに届けることにあるのではなく、自分のためにという点にしかないからです。そういう力には、共感は生まれないし、協力する人は現れません。

そのため、逆説的に見えて、チームの直面している課題に向き合うことが、最大の自己成長に繋がっているということが起きます。

最後に、スラムダンク安西先生の言葉で僕が好きな言葉を紹介したいと思います。

お前のためにチームがあるんじゃねぇ。チームのためにお前がいるんだ。


強い自戒を込めて。チームを前進させ、ユーザーに最高のものを届けるための仕事を2016年もしたいと思います。