平成の坂本龍馬を目指して

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

直感はいつも答えを知っている

自分が本当にやりたいことは、何かに対峙していくなかでしかわからないと思います。

 

僕が心から好きで、打ち込めるものは、新しい製品、サービスを創ることを通じて、多くの人にこれまでなかった新しい体験を提供することです。それが僕が得意なのか?はこれからの結果が証明することになると思うので、なんとも言えないところはありますがw

 

このためだったら、自分は寝食を忘れて、何度失敗しても挑戦することができます。これが生き甲斐なんだとわかります。いつも心にわき上がるものを感じるからです。

 

実はこのことを自分の直感はすごく前からわかっていたんだと思います。直感はすごく強力なもので、実はその過去の時点では、言語化できるほどに整理されていないけれど、直感に従えば、その選択には一貫性が自然とできています。

 

論理的思考は、言語化するプロセスにおいて意味を持ちますが、その瞬間にこれをやると選ぶとき、実は最も頼りになるのは直感だと思います。

 

ただ直感だけでは、人を巻き込むことができません。だから論理的思考を通じて、極限までシンプルに、言語化する必要があります。

 

極限までシンプルにした目指すべきものが、ビジョンなのだと思います。

 

振り返れば、自分は20歳のころから、ずっと製品、サービスを創ることに関わってきていたし、今もやっていることは全く変わっていないなと思う今日この頃です。