平成の坂本龍馬を目指して

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

居心地の悪いと感じられる挑戦をし続けているか?

自戒を込めたエントリー。

もっと攻めないといけないと反省し、この記事を書きました。

最近事業のことを考えるにあたって、守りの手、堅い一手を考えることが多かったと深く反省しています。

攻めだけではダメなのですが、堅い一手ばかり打っていては、飛躍の機会を逃すことにもつながります。

常に先を見据えた挑戦的な一手を仕込んでおくことが、後々きいてくる。これまでの拙い経験から思っていることです。

最初は困難だったことでも、次第に乗り越えられるようになると、そこに安住するようになります。

確かに楽です。そこそこでいいと思えばそれ以上知恵を働かす必要もありませんし、自分をさらに追い込む必要もありません。

安住こそ堕落の始まりであり、次第に組織を蝕み始めます。

そこからまたギアを上げて、自分が居心地の悪さを感じ、このままではヤバいという緊張感に身を置き続けることが大切なことだと常に反省するばかりです。

これからまた難易度の高い挑戦をしていきたいと胸に決めました。

そう思うにいたったのは、やはり高知で、大好きな坂本龍馬の銅像を見て、もっと気を引き締めよう。もっと挑戦しようとおもったこと。

そして子供が生まれ、どんな自分の姿を子供に見せたいか?と考えたときに、常に未来を切り拓こうと挑戦する姿だと思いました。

現状維持に未来はありません。

挑戦する。

明日から東京に戻りますが、とにかくやるべきことに全力で打ち込みたいと思います。自戒を込めて。