すべての人にリモートワークを

すべての人にリモートワークを。codeal.work を開発・運営中。CODEAL(コデアル)株式会社社長のブログです。連絡先は shota.atago@codeal.asia まで。

自分で決めなくなる未来に思うこと

AIがこんな未来があなたの素質を考えるといいですよーと教えてくれる未来。

あなたの遺伝子から考えると、こんな病気になる確率が高い。こんな人と結婚するとうまくいく。こんな仕事をするとより生産的になれる。

こういう未来が本当にくるようになると思います。

そうなったときに、人の意思決定はどうなっていくのだろう?なんでも自分で決めなくなるのかな?などと思います。

多くの変数からなる現象を説明するとき、それを説明することは人間から見たときになぜそうなのか?を説明できないということはこれから増えていくと思います。

AIから提示された選択肢だから、自分にはこれが間違いないという選択肢を受け入れる社会になっていくのか?関心のあるところです。

個人的には、自分の感性や感覚に近いと感じられたらその推薦されたものも参考にするかもなと思います。

どんなにあなたにはこれが合っていると推薦されたとしても自分の直感や感性から遠いものは受け入れないと思います。

なぜなら、その選択肢がたとえ確率論からすると間違えだったとしても、後悔しないからです。

自分の感性で決めたものは、選んだという自覚があるので後悔することがありません。失敗したとしてもです。

これが下手にAIのせいだ!と言えてしまうのだとしたら、僕はきっとその選択肢を選んでしまったことに後悔します。

しかし、おそらく自分の感性に近いものをコンピュータでも選び取れるようになっていくことは間違いなくそうなるとも同時に思っています。

人の思考回路や意思決定のプロセスを、コンピュータが今より高い精度で実現できるようになるはずです。

アランケイの、未来を予測する最善の方法はそれを発明することだと述べた言葉が頭をよぎります。